Home > 開発品情報


開発品情報

熱線カットITO・ATO混合塗料

製品のお問い合わせ

開発品の紹介

表面状態の異なるITOとATOを独自の表面処理により混合し、ITOの高い性能とATOの低価格性を兼ね備えた熱線カット塗料を実現しました。

用途例

・自動車窓ガラス
・建材窓ガラス


特性

従来、ITOとATOは表面状態が大きく異なることから、混合塗料の作製は困難とされてきましたが、当社では独自の表面処理を施すことで、ITOとATOの混合塗料の作製に成功しました。この塗料は、従来のATO塗料に比べ、高い近赤外線遮蔽性能と可視光透過率を持っており、また、ITOから大きく特性を落とすことなく、ITOの使用量を低減することが可能なため、低コストでの設計が可能です。
※お客様の要望に合わせ、ATO・ITOの混合比や濃度等、カスタマイズも可能です。


熱線カット
ITO塗料
熱線カット
ITO・ATO混合塗料
熱線カット
ATO塗料
ITO比率 100% 50% -
ATO比率 - 50% 100%
%Tv 83.0 79.2 74.3
%Ts 60.1 56.1 56.3
ヘーズ 1.7 1.4 1.2

 ※評価方法:バーコーターNo.8で75μm PETフィルムに塗布。PETフィルムヘーズ1.5%



PAGETOP